月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

百年文庫大作戦


百年文庫大作戦「月」


クリスマスです眠いです。
百年文庫大作戦、お次は33、「月」でございます。
秋と言えば月、というとってもわかりやすい思考回路で選びました。
しかしもうすかり冬だなあ…


うんではまあとりあえず一言感想。
「フィリップ一家の家風」ルナアル
なんか変わったお話だった…でもなんかほのぼのすると同時に就職から逃げまくる自分になんか…ごめんなさい。

「老人」リルケ
短!っていうのが一番の感想。でもなんかラストにほっとした。ところでコレ、どこが月…?

「帰還」プラトーノ
なんだかんだでこの大作戦始めてから一番じんと来たかも。幸せになってほしいわぁ…


今回は「田舎」と「貧乏」って感じでした。
ていうか、全体的に「月」が出てこないんですが…。老人はmonth的な月だと受け取った方がいいのかな?
さて、いったい何を書きますか…悩んだ挙げ句クリスマスネタになりました。


では、興味のある方のみどうぞ。




「半月の大根」


 大根の皮をむいて、薄く輪切りにして、半分にしたもの。
 向こうが透けるくらいの白い半円をお箸でつかんで口に入れる。味噌の風味が広がった。
「あーもう師走ねぇ。大掃除にお節作りに…やることいっぱいあって困るわ」
「ねぇママ。何か忘れてない?」
「え、なぁに?」
「掃除の前にもう一個イベントあるじゃない」
「…ああ、クリスマス?でもそれはいいじゃない。あなたも大きくなったんだから。ケーキくらいなら買ってきてあげるわよ。じゃあママもう行くから。テスト頑張って」
「はーい。いってらっしゃい」
 慌ただしく手と口を動かして出て行った母親にヒラリと手を振る。
 味噌汁を飲み干してケータイを開く。画面には可愛いデコメールが映っている。
『テスト終わったらクリスマスパーティーするよ!』
『1日騒ぎたいし、冬休み入ってからの方が良いよね?』
『じゃあいっそクリスマス当日にしようよ。皆誘ってさ!』
 ケータイを閉じ、立ち上がると台所でお椀を洗う。
 鏡の前で髪を整えてからケータイを鞄に突っ込み、アパートを出た。


 単語帳をぼんやり見ながらも、考えるのはメールのことだ。友人と過ごすクリスマス。高校生にもなったんだから当たり前なのかもしれない。
「さっきから単語帳進んでないよ?」
 声に振り返る。同じ制服を着た同級生がにかりと笑った。
「さては余裕ですな?」
「おはよう。別にそんなわけじゃないよ」
「またまた~。まぁ、奨学金かかってるんだし大変だよね、頑張ろ!」
 次の友人を見つけて走り出す同級生に苦笑いする。裏表のない、イイヒトだ。
 ケータイを開き、素早くメールをうつ。「参加したいな~」という文字を送信して、意識を単語帳に切り替えた。


『今年のクリスマスは友達と遊ぶことにするからケーキ要らない』
 口に出せなかった言葉をケータイに託した。返ってきた言葉は短く『了解!』だけ。やっぱりママにとってのクリスマスはそんなものだったんだと、ホッとすると同時に少し寂しかった。


「じゃあ行ってきます」
「あ、ちょっと待って」
「何?」
 広くないアパートの隅にあるタンスを開けると、ママは赤い紙と緑のリボンの包み紙を取り出した。
「はい、これ」
「…なに?これ」
「なにって…クリスマスプレゼントよ。あなた今日買い物行ってボウリングやってご飯食べてカラオケとか言ってたし、帰り遅いんでしょ?ママ先に寝てるかもしれないから渡しとくわ」
「…開けて良い?」
 ママが頷くのを見て袋を開ける。中から出て来たのは、半円のトップがついた首飾り。
「あなたもそろそろそういう大人っぽいのが似合う頃だと思って。良かったら付けて行ったら?」
 今まで付けていたリボンのネックレスを外し、半円を飾る。
「あ、やっぱり良く似合うわ」
 ママが微笑み、頭を撫でる。
「大きくなったものね…さ、行ってらっしゃい」
 小さく頷いて、私は玄関を出た。


 友人と合流し、他愛のない話をしながら道を歩く。
 空を見上げると、青い空に薄く月がかかっていた。
 半分しかない薄い薄い白い月。
 おかあさんのおみそ汁の大根みたいだ。
 そう思った瞬間、あの味が口に広がった。足が止まる。
「ごめん、私帰る。お母さんが寂しがってるかもしれないし」
 え?と言いたげに振り返った同級生たち。そのうちの一人がにこっと笑った。
「子離れできていない親を持つと大変ですなぁ。お互い」
 そのとぼけたいい方に、笑いが起きる。ひとしきり笑ってから、私は家路を急ぐ。
 帰り道にケーキを買おう。
 あの古いアパートで、ホールケーキを二人で食べよう。
 いつものように、ちゃぶ台でお茶でも飲みながら。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。