月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

本・マンガ・映画・ドラマなど


さらば万屋を見た*ネタバレしかありません


こんにちは。
三連休で銀魂映画を見てきたので軽く触れとこうかと思います。
ざっくりした感想としては…おもしろかった。です。
笑えたし。泣けるとこもあったし。私の中で「銀魂」がそこまで名作になってないんですが映画としてはおもしろかったと思います。初心者お断り感は仕方ない。


内容が難しかったので以下に自分なりにまとめてみたです。ネタバレしかないので見ようと僅かでも思ってる人はUターンお願いします。












まず最初に確認。


これって悲しい話ですよね?



なんか清々しさに騙されましたがかーなーり悲劇ですよねこの映画。だって銀さん消滅してるもん。


「違くね?」と思う方もいるかな。いや、「銀さん」という人物自体は消えてないけどさ。
この話って銀さん何人か出てきますよね。その中に、カメラがずっと追いかけた、観客が見てきた、主人公としての銀さんがいるじゃないですか。その人。その人のことです。

仕事中に映画泥棒によって未来に飛ばされてわけわからんままに未来を救うために奔走して「5年後の自分」を殺して15年前に飛んで白夜叉を殺そうとしたら白夜叉酔いつぶれててしょうがないから自分で呪い(名前忘れた)をもう一度受けてなんか敵(名前忘れt)を倒したあの銀さんは、消滅してしまったんですよね。
確かに「存在丸ごと消えるはずだった」人の存在、15年前の白夜叉は生き残りましたけど。


悲しいお話ですね。


あとついでみたいに書きますけど「5年後の世界」も「現在の世界」もある意味まるごと消滅してるんですね。
電王で言えば「レールが切り替わった」ってことですよね。
そう、銀さんの件も電王で言えば「桜井さんは死んだけど侑斗は残った」っていうか。
桜井さん主演の「仮面ライダーゼロノス」があったらこんな話になってたんだろうなっていうかうん私何言ってんの?


とりあえず電王ファンとしては「今回の銀魂ってゼロノスだったよね~」と誰かに言いたくてしょうがなかっただけですすみません。妹には直接言ったけど。同意された。


以上!あれ?銀魂について触れて無くない?

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。