月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

本・マンガ・映画・ドラマなど


烏に単は似合わない


こんばんはー。
今日は、前々から読みたかった「烏に単は似合わない」を読んだ感想でも、と思いますー。
この本は以前本屋さんで見かけたときから表紙ぼれとでもいいますか。多分私好きだろ~と思った本です。
あさきゆめみしみたいなのかな~とか思ったんです小説だけど。天井の虹とか好きなんです。


で、図書館で発見したので読んでみました。以下にネタバレ有の感想。


とりあえず一言だけ先に書くと…「なんか違う」!














あんまりいい評価じゃないけど大丈夫な方だけどうぞ~














最初の方は好きでした。てか、あま○んでも似たような感想見たんですけど…


若宮が出てくるまでは結構好きでした、というべきかな。


帝の寵愛を巡って、妃たちの愛情とプライドと誇りと家柄をかけたバトルっていうのはすごく好き。おもしろかったです。春の宮が主人公で唯一いい人なのかと思ったら、進むにつれて夏の宮もさっぱりしていていい感じだし、秋の宮も女性らしくてかわいらしいし、冬の宮なんかもう悲劇のヒロインそのものだし。冬の章くらいまでは面白かったと思います!
ただな…なんか足りないっていうか。
若宮があまりにも嫌な…じゃないんだけど。変な奴過ぎて?かな。
一貫して恰好よかったのは秋の宮でした。髪をバッサリ。見事。
夏の宮(上)はなんかもう変わりすぎてわけわかんなくなっちゃったよ!いいんだけどさ!
冬の宮は生きててよかったと本当に思うけど…なんかしっくりこない。
そして春の宮。このヒトの「本性」がわかるのが最大の盛り上がりだと思うんだけど…
だとしたらもっと春の宮に気持ちを添わせてほしかった気もします。
私が理解してないだけかもしれないけど。なんか急において行かれた感じがしました。


テーマというか世界観とか、キャラクターとかは好みです。
序章と終章の作り方とか。最後まで読んではっきりわかるタイトルの意味とか。そういうのも。
ただ…なんだろうな~
どうにもこう…「もう一息頑張って!」とでもいいましょうか。
ネタ晴らし部分がいまいちでした。これは残念としか言いようがない!


以上!
最近また一条天皇・定子熱が再浮上してきて困っているリオンがお届けしました!

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。