月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

本・マンガ・映画・ドラマなど


バカテスがおわってしまったああああああああああ


こんばんは!おととい発売していたはずのバカテス12巻をようやく手に入れましたリオンです。
読み終わって床ローリングしたくてたまりません!これだから馬鹿は!これだから馬鹿は!ああもう若いっていいよなあ!!
あんまりまとまった感想はかけませんが、さくっとネタバレ有に入らせてください。


その前に一言ー。
こんな辺境で言うべきことでもないですが、バカテスにあえて幸せでした。原作者様、その他関係者の皆様、ありがとうございました。



それにしても、特典もらうには「既刊を一冊購入」ってひどいと思わないか…
むしろ「本屋で全巻提示すれば」くらいにしてくれや…













ネタバレ行きます!
明久を巡る三角関係(いやもっとか…?)にいよいよ一時の決着!
個人的には美波派だったのでちょっと残念ではありますが、明久らしいのでOKです!なのです!
まとまらないのでキャラごとにさくっと参ります。メンバー多いからFクラスだけにしとくね!


・ムッツリーニ
いきなりコイツかよという突っ込みが聴こえそうだけどスルーで。
とりあえず最終対決がかっこよすぎたのでもういいです。何かが。
最終巻ではお得意の盗撮が発揮されなかったけど、たぶん秀吉はムッツリーニが撮った写真を見ながらメイクしたんだろうと妄想。いくら秀吉でも記憶力だけじゃ難しいだろ。
こういう(写真とかできる)子がいたら便利だろうな~とかちょっと思う。ハイスペックだよね何気に。
他のメンバーとは違い、点数が上がることが全くなく、揺るがない王者でありました!
愛子ちゃんとのペアも私は好きです。くっついてしまえ!え!


・姫路さん
なんで続いて姫路さんなんだという突っ込みはスルーで。
補習室は確実に初めてだったろうけど、いかがだっただろうか。
この娘も一途でしたね。その点では非常に「馬鹿」と言えるでしょう。
明久と幸せに…とはいかないのは流石バカテスと言ったところ。
次回発売の短編集でラブラブな新婚生活を披露するなんてこと あ り ま せ ん よ ね?
ああいえ、違います。美波スキーな私ですが別に脅しじゃありません。1割は。
まあ一つ突っ込みたいのは、Fカップってあんな大きさじゃないと思うよっていうことくらいかな女性としては。


・雄二
いっそ脈絡のない順番にしてやろうと思った。
このヒトも好きです私。もう卒業と同時に結婚すればいいと思う。大学?霧島雄二で通えばいいじゃないか。
誕生日が意外にも3月31日とかで霧島さんはやきもきすればいいよ。18歳が遠すぎると(笑)。
確実に子煩悩ないいお父さんになると思うので、霧島さんがちょっとうらやましいですね。
でも39人(だっけ?)はちょっと無理があると思うんだ。頑張れ雄二。


・秀吉
「ラノベ女性キャラランキング」で堂々の一位に輝いていた秀吉。
地道に地道に点数をあげて生き残り、最後は「身内すら気が付かないほどのメイク」を施して見せたスーパー演劇バカ。お得意の「声真似」は出番がなくて残念ですね。
独特の話口調が好きでした…。「のぅ」とかかわいいと思う。
なかなか恋愛には縁がなさそうな秀吉ですが、頑張って女優…間違えた俳優への道を駆け上ってほしいですね。


・美波
最終対決が男前すぎて、美春じゃないけど「お姉様」と呼びたくなりました。そういやセンター試験にはドイツ語があるんですね。おそらく霧島さんもかなわない、学年ぶっちぎり一位の点数をはじき出してたでしょう。センター試験のドイツ語がどれくらいのレベルなのかは知りませんけど。アメリカ育ちでも日本の英語の試験は難しいなんて話をきいたことも…ああいや、野暮ってもんですね。
明久と結ばれていないのはちょっと残念ですが、大事な「ダチ」で居続けてほしいです。
ポニーテール好きーな私にとってはお気に入りキャラクターでした!4巻最高!


・明久
ラストを飾るのはもちろんこの馬鹿、ですよね!
7巻で雄二に主役を譲り、ようやく最終巻で借りを返してもらえた感じですね!
この馬鹿がここまで馬鹿じゃなかったら、この物語はここまでこなかっただろうな、と思います。
「ああ、馬鹿だな」とさらっと思えるキャラクターって珍しいかもしれない。
「だからこの馬鹿は!」とか言って悶えたことも片手の指じゃ足りない。こんな馬鹿、なかなか慣れるもんじゃない。
最後にはっきり答えを出せて良かったよ。「僕が好きなのは秀吉」とか言わなくて本当によかったよ…うん…
これから頑張ってかっこよくなってほしいですが、馬鹿さは忘れないでほしいですね!




以上!バカテスの最終巻を味わうことができて幸せでした!ご馳走様です!
余談ですが、バカテスで多分一番好きなのはあとがきだったりします。井上さんは「井上のあとがき」とかいう本を出せば相当売れると思います。絶対買うし。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。