月草雑記帳

知恵袋


付け下げとは、準礼装の着物であるらしい!


さて、突然のカテゴリ新設です。なんのこっちゃですね。

特撮とか全く関係ないんですが、結婚してから(成人してから??)私の知らない常識に出会うことが多々ありましたので、今後も使うんだろうなあという教えてもらったこと、調べたことなんかをメモしておこうと思い立った次第でございます。

第一回は「付け下げ」
10月に生まれて初めて友人の結婚式におよばれしまして、何を着ていこうか悩んだ結果、「和服」に決定。
しかし、「着物」は浴衣だろうと振袖だろうと同じに見えてしまう(マジなんですこれが…)
一応今までにきた着物としては

・小学六年生、親戚の結婚式に濃い青の振袖を着る。(母の物)
・高校三年生、卒業式に紫の袴を着る。(レンタル)
・20歳直前、成人式に赤の振袖を着る。(レンタル)
・大学四年生、卒業式に浅葱色の袴を着る。(レンタル)
・数か月前、結婚式に白無垢を着る。(レンタル)

あとはお祭りの時の浴衣くらいですね…一般的な現代日本人と思うのですが…どうですか??

閑話休題。

実家にある着物をいくつか見せてもらったのですが…母もピンと着ていない様子。
「とりあえず既婚だから振袖はダメ」というおぼろげな知識のみで、らちが明かないので助っ人を召喚。


ずばり…「困ったときのおばあちゃん」


うちのおばあちゃんは名言は言いませんがなんでもちゃきちゃき大雑把に素敵にこなすおばあちゃんです。
そんな祖母(と周りのおばちゃんs)に聞いたところ、既婚でも子供がいなくて結婚したてなら別に振袖でもいいそうですね^^;

母「どうする?振袖?」
私「せっかく結婚したから振袖は嫌」
母「言うと思った」

というわけで「振袖以外」をチョイス。
「ほんなら付け下げやな~」というおばあちゃん。うちにあったのは桃色の、「ちょっとシミのついた」ものでした。
「どんだけよごれてもええから」という言葉と共に決定したんですが…本当に大丈夫だろうな…?
ちなみにおばあちゃんには「付け下げとはなにか」は教えてもらえなかったので家に帰ってぐぐりました。

>未婚、既婚を問わず着られ、準礼装に近い着物です。
>訪問着とほぼ同格のものとされます。
(きもの豆知識講座 より抜粋)

…訪問着ってなんやねん…とかなりましたがまあ長くなるので…うん…(柄が全部続いているのが訪問着、こちらの方が格が上らしいです。ちなみに付け下げは柄がすべて上を向いているとあったので慶事むきなのかな?)
着物って形じゃなくて模様とか作り方で名称や用途が違うんですね。それすら知りませんでしたわ…

和のものは結構好きなので、これを機に詳しくなりたいところですが…無理かな;;
真剣の力を借りたいところですね!!


というわけで満足したので、「知恵袋につめこみたい記事」第一弾は終了。
次回はそのうち思いついたら。


…これ、詰め込んでも役に立つのか?
スポンサーサイト



TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop