月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

侍戦隊捏造文章


侍戦隊捏造長編「聖夜幸:茉莉亜」


今日は雪が降りました。積もらなくてほっとしたような残念なような…。


朝(?)の更新は舌足らずですみません。今日は父の手伝いに駆り出されていまして。これも合間に書いていたり。(本文は以前書いておいた物ですが。)


今日の話でこの長編の位置が決まりました!
「第四十三幕:最後一太刀」終了後にあったかもしれない(確実になかった)お話となります。


では、本日、第四幕について。これはタイトルで誰かわかりますかね?


一応「待降節」「流星願」「御馳走」を読まなくても大丈夫ですが、読んでいただけるとより楽しめる…かと。


では、本編の素晴らしさ、ドキドキ感を損ねたくない方は回れ右願います。


侍戦隊捏造長編聖夜幸第四幕、茉莉亜。







「聖夜幸:茉莉亜」


「クリスマスプレゼント…何が良いかな。」
 ことはが欲しがりそうなもの、かあ。ことはの家族の代わりに、今年は私がプレゼントしなくっちゃ。
「私が小さい頃って、クリスマスに何が欲しかったんだっけ。」
 ぼんやり歩いていたら、親子連れが目に入った。キリスト系の幼稚園の制服を着た小さい女の子が、母親と喧嘩をしていた。
「お母さんのバカッ!私、マリア様みたいなお母さんが良かった!」
 マリア様。その言葉が、私を急に過去に引き戻した。
「そっか。マリア様にお願いしたんだっけ。」
 クリスマスプレゼントを。




「茉子ちゃん、どうしたの?」
 幼稚園の時だった。両親がハワイに行ってしまって、ずっと帰ってこなくて。私なんて忘れられたんだと思ったら悲しくて。いつも教室の隅でうつむいていた頃。先生が、私のところへ来てくれたんだ。
「サンタさんに、お願いしないの?」
「サンタさんなんていないもん。」
「え?」
「居たら、お母さんとお父さん、返してくれるハズだもん。」
 先生は私の目の前にしゃがみ込んで、じっと目を見て言ってくれた。
「ねぇ、茉子ちゃん、マリア様って知ってる?」
「?知らない。」
「マリア様はね、イエス様…神様のお母さんだから、皆のお母さんなの。だから、マリア様にお願いしてみよう?お母さんを、返してくださいって。」
 マリア様に、お母さんを。今考えると相当妙な話だ。でも、その頃の私には、すごく、嬉しかった。
「マリア様にお願いしたら、お母さん帰ってきてくれるかなぁ?」
「ええ、きっと。」
 その時の先生の笑顔は、本当に聖母のようだった。
 クリスマスの日、だったな。家に帰ったらポストに私宛の手紙か来てた。


 『茉子へ、メリークリスマス。衛、響子』


 カード一枚だったけど。
 帰ってきてはくれなかったけど。


「嬉しかった、なぁ。」
 あの時の先生みたいには出来ないけど、少しでも、笑顔になってくれるようなものを、届けよう。




 とは言っても…。
「いまいち思いつかないな…。」
 何にすれば…。ふ、と横を見た。アクセサリーか。
「そういえば、丈瑠がこういうの付けてるの見たことないな。」
 流ノ介とか千明は時々付けてるけど。そう言えば丈瑠とか流ノ介って、家でクリスマスとかやったことないんじゃない?
「ことはと千明の分だけ買うつもりだったけど…。」
 アクセサリーを物色する。ネックレス。指輪。ブレスレット。イヤリング。
「何かお探しですか?」
 にっこり笑った店員さんに声をかけられた。
「ええ、クリスマスプレゼントを。」
「でしたらこちらのパーツで、オリジナルグッズもお作りしているんですよ。」
 そういって見せてくれたのは、色とりどりで形も様々な飾り。
「ちょっとみせてもらってもいいですか?」
「はい。」
 果物とかどうかな…お花…はことは以外には合わないか。車とか。誰も乗らないか。
「あれ?動物もあるんだ。」
 金色をした、犬や猫と言った動物から、像や馬まである。これは、いけるかも。
 ライオンは居た。龍も、こういうところには割と居る。可愛い猿もいたし、熊も…ずいぶんかわいらしいけど…しょうがないか。
「…源太、どうしよう。」
 海老とか烏賊とかいるのかな。それとも秋刀魚とか探した方がいいのかな。
「魚とかあるわけないか…。」
「お魚、ならこちらはいかがですか?」
 なるほど、イルカなら魚に見えない事もない、か。
「じゃあ、これとこれとこれとこれと…これ。あ、別々に包んでください。」
「はい、リボンの色は何色がよろしいですか?レッド・ブルー・イエロー・グリーン・ゴールド・シルバーがございますが…。」
 にっこり笑って、答えた。
「順番に、赤と青と黄色と緑と金色で、お願いします。」
 折神の守護を、願って。


 小さな包み紙につつまれた五つの贈り物を。
 自分は、あの髭のおじさんや聖母のように、上手に渡すことができるだろうか?

スポンサーサイト


TB(0) | CO(2) *Edit

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

teddyさんへ 

コメントありがとうございまーす!!

茉子ちゃんはもう持ってるので(粋本P62参照)!いいかなー、と。

あ、VSのはやっぱりでるんですよね。あのシリーズ読み応え有るんですけど高い…。どうしようかな。電王のは買ったんですけど(笑)。

そんな天然の殿もいい(コラ)!
ライダーSP…確か25日です。一応観る予定です。
パパは(この呼び方したことないですが)別にきっと欲しいわけじゃないんですよ!?(父のお腹周りの問題で)巻けないですし。…買ってきたらどうしよう(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。