月草雑記帳

仮面ライダー電王


電王トークその三 ゼロノスカード


私「おとうさーん、○ステ見たい~。」
父「はいはい。(ピッ)…あれ?知らない人がいっぱい出てる。」
私「ほんとだー。女の人だしAK○とかじゃない?」
司会『では、本日のゲストをご紹介します!』
私「…観客だあああああああ!!」
父「…おお。」


拍手ぱちぱちありがとうございますー。上のは実話です。もちろん。


さて、いきなり「三」とか着いてて驚いた方もいらっしゃるかもしれませんね。実は「」と「」は去年の八月にやりました。気になる方は数字をクリックだ!


で、「三」のテーマはゼロノスのカードです。ゼロノスに手を出す勇気はありませんでした。
そしてゼロのスタートゥインクルの…ネタばれ?なのか?というものを含みます。ていうかそこから疑問が出発したからなあ…。
そして…最初に言っておく!かーなーり、突っ込み募集中だ!
そして長い!
よろしい方のみどうぞー。







で、ゼロノスカードと言えば。
言わずもがな、仮面ライダーゼロノスに変身するために必要なカードです。
今のところ緑&黄色のカードと赤&緑のカードが確認されてます。
そして緑で「アルタイルフォーム」、黄色で「ベガフォーム」、赤で「ゼロフォーム」に変身します。


さらにこのカード、「変身するたびに周りの人に忘れられる」という恐るべきカードでありました。
侑斗がカードを節約して節約して使っていたのは皆さま記憶に在ることと思われます。
「記憶こそが過去であり時間」な電王ワールド的に皆に忘れられるという事は死をも意味することで。
まさに死と背中合わせで戦っていたライダーでした。


「そもそもなんで愛理さんから桜井さんの記憶が消えてるんだっけ?」


そんな疑問から今回のトークがスタートします。
「は?ゼロノスのカードの影響でしょ?」と思われた方。
そうなんだけど!理屈を頑張って考えたんだ!という私の言い分を聞いていただけると嬉しいです。



最近私心理学をかじっておりまして、そこで習った事なんですけど人の記憶って大きく分けて三種類あるんですね。
まず、「感覚記憶」。これは、一瞬~5秒くらい、画像もしくは音響で記憶するものです。今見てるものを覚えるのですね。
次に、「短期記憶」。これは18秒まで「感覚記憶」を反芻することによって覚えておきたいらしい物を覚えるのですね。
最後は「長期記憶」。これは永続的に記憶することができます。容量も無制限。覚えておかなくてはならない事や印象的なことを覚えておいてくれるのですね。
電王における時間とは人の「長期記憶」に値するんだろうなーと思いますがそれはまた別の機会まで置いておいて。


そして「消失」…つまり「忘れる」理由は4つほどあります。
まず、「時間と共に自然に崩壊する」というもの。
それから、「他の記憶に妨害されて、どこかにあっても記憶として出てこない」もの。
さらに、「手がかりがないから思い出せない」というもの。
最後に、「思い出したくないから思い出せない」もの。
ゼロノスのカードは、二番目に挙げた「記憶から思い出す事に干渉する」役割をもってるんじゃないかなーと思います。


つまり、
「桜井侑斗?居た気がするなあー。」
→普通ならここで思い出すけどゼロノスカード発動
「あれ?誰だっけ?」
→この繰り返しにより「長期記憶」されていた桜井侑斗という人物が「短期記憶」に移動
→時間と共に忘れられる
という図式じゃないかと。
「単純に記憶全部奪い取ってるんじゃない?」という貴方。
それも考えたんです。考えたんですけど…。疑問が。


「なんで愛理さん桜井さんの事を覚えてるの?」


最終回の愛理さんは、確実に桜井さんを覚えています。
ゼロノスのカードが記憶を丸ごと引っこ抜くものだとしたら、思い出す事は、まず、ない。
でもただ干渉を続けているだけだとしたら?
普通にほとんど桜井侑斗を思い出すきっかけのない人はそのまま忘れてしまうでしょう。
しかし、愛理さんの近くには、良太郎が居ます。
何故か桜井さんの事を一切忘れず、望遠鏡を傍に置き続けた彼。
彼の頑張りで、完全に忘れ去ることはできなかったんじゃないかと思います。
ちなみに根拠には一応「私と…良太郎と…それから、もう一人」という名シーンをあげておきます。
あれ、完全に思いだしかけてましたよね。
でもゼロノスカードによってまた忘れてましたよね。
つまり、手がかりによって思い出しかけた記憶がゼロノスカードに干渉され、また記憶の隅に引っ込んでしまったんです。
でも、最終回、最後の変身によってもう干渉されることは無くなった。
だから、思い出したんじゃないでしょうか。


…とりあえずオチましたかね?←え
次の議論に行ってもいいよね?答えはきいてない!
じゃあ行くよー。
ゼロノスのカードって、ある意味誰の記憶からでも作れると思うんです。
分岐点の鍵でも特異点でもない桜井侑斗が変身している時点で。
しかし。侑斗がどえらい発言をしています。
「ゼロノスになる前の記憶は使えない。」→「ゼロノスに一度変身した後に接触した人の記憶でしかカードを作れない」
…それってつまり、誰かが生まれたときからゼロノスじゃないと誰も変身できないじゃないですか。
じゃあ生まれたときからゼロノスなの誰だ?ってそりゃあ候補は一人。


ハナさんです。


ゼロライナーは一度消えた。おそらくハナさんの時間と共に。
つまり、電王に良太郎がいるように。NEW電王に幸太郎がいるように。
本来ゼロノスに変身するのはハナさんなんじゃないのかというわけです。
しかしゼロノスにハナさんが変身するにはリスクが高すぎる。なんと言ってもハナさんにはもう自分の時間がありませんし、ハナさんが隠れて生きていることがカイの野望をつぶす最低条件ですから、
だから父親でもある侑斗が変身することにした。
しかし侑斗は元々ゼロノスの…適応者?とでもいうのかな。適応者ではない。
だから、変身するために代償としてカードが必要なんです。


そして多分最初の何回か、桜井さんはまだ生まれてもいない娘のカードで変身していたんだと思うんです。
そうして、医師や、周りの人や、良太郎から、ハナさんの存在を、消した。
護るために。


あ、あと補足的にもう一つ。
ゼロノスカードは、記憶を消す相手をある程度選択できると思います。
ていうかほぼ完璧に出来るかも。
「親しい人から忘れていく」なら良太郎があれほど長く覚えていたわけがないし。
「縁遠い人から忘れていく」なら愛理さんが忘れるわけないですから。
良太郎には忘れられず。
愛理さんには綺麗に忘れられる。
そういうぎりぎりの綱渡りをしてきたのだと思います。


基本的に語りたい事は語りましたー。ちょっとすっきり。
しかしまだいろいろあるんだなー…。でもちょーっとテーマからずれるから今日はここまで。
お付き合いくださった方、ありがとうございましたー!

スポンサーサイト


TB(0) | CO(3) *Edit

~ Comment ~

では、突っ込みをvvv 

「ゼロノスになる前の記憶は使えない。」→「ゼロノスに一度変身した後に接触した人の記憶でしかカードを作れない」
の→は・・・。
ゼロノスになる前! というのは桜井さんじゃなく、侑斗の事だと思います。
つまり、19歳(1995年?)の侑斗~現在(2007年)桜井さん。までの『記憶』が緑ゼロノス用のカードとなり・・・。それ以前の時間の「桜井侑斗」は皆、覚えている! と、いう解釈です。

「現在の俺の『記憶』だけじゃ、足りなくなった~」
by40話。
19歳侑斗が2007年?で築いた『記憶』が、錆ゼロノス用のカード・・・になったのでは?
だから、姉さんや翔子から「桜井侑斗(19歳?)」の『記憶』は消えた??零れた!? 

長!!・・・分けますね(苦笑)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

teddyさんへ 

コメントありがとうございます!

>19歳(1995年?)の侑斗~現在(2007年)桜井さん。までの『記憶』が緑ゼロノス用のカードとなり・・・。それ以前の時間の「桜井侑斗」は皆、覚えている! と、いう解釈です。
私も最初、そう思っていました。でも次に語るかもしれない「記憶」や「時間」について考えているうちに、「電王に置いて時間は繰り返さないのではないか?」という結論にたどり着きました。
つまり、電王の世界において桜井さんはあの年齢になるまで変身したことがなく、「ゼロライナーに出会い」→「過去の自分に託す」ことで侑斗がゼロノスに変身する。その時点でもう歴史というか時間は変わってしまったんだと思います。…なんだか言葉足らずですみません。後々詳しくお伝えしたいです…。

>19歳侑斗が2007年?で築いた『記憶』が、錆ゼロノス用のカード・・・になったのでは?
これは、私も同感です。

>「桜井侑斗」に関する『記憶』への脳のルートを阻害(干渉)している。
これはもうフィリップ風に「検索に失敗した」というしかないですよね!

>あれっ? じゃ、良太郎は『不幸』体質が逆にいい方に働いて・・・。
私は良太郎は「不幸」じゃなくて「不運」だと言い張っているんですがそこは置いておいて(笑)。
そうか!「忘れた方が楽=運が良い」のに「忘れられない=不運」なんですね!!
しかし桜井さん…何たる賭けを。
ん?良太郎に忘れられても別にいいのか??
その辺もまた今度考察させてもらいまーす。
長文、ありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop