月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

創作文章(その他)


☆しょうもない短編でも


拍手ぱちぱちありがとうございます!


だいたい復活ー!!(早)
やはり寝るにかぎりますねー。久々に38度だしました。
ん?いや久々でもないか?
大学入ってから体力の低下が著しいです。なんとかしないと。
というわけで今からお出かけします。
お出かけ先の人に風邪をうつさんようにしないと…(超迷惑)。


で。
しょうもない短編。
二年くらい前から頭にあったネタを、思い切って書いてみました。
捏造じゃなくてオリジナルです。
しかもファンタジーじゃない。うん、レアだ。
では、とてつもなく短くとてつもなくしょうもないですがよろしければどうぞです。





ーーーー

「全人類共通の敵」


 僕がアレの存在に気がついた時。
 それは、丁度アレの活動が一番活発になる時だった。
 …まずい…。
 僕は心の中で呟く。口に出すのは、危険だ。
 鋭い武器を持ち、反撃を試みる。
 鋭い痛みが走る。自分にもダメージを受けるのがこの武器の難点だ。
 でも、アレが遠のくのを感じる。今のうちに対策を練らなければ…。
「ジュン!おい、ジュン!」
 小声で後ろにいる同胞の名前を呼ぶ。返事はない。
 …まさか…。
 そっと振り向く。


 やられた。


 ジュンは既に負けていた。
 身体が既に、アレに支配されている。
 瞬間、何かに気付いた。
 咄嗟に第一の敵である彼に気付かれないよう、そっと辺りを見回す。
 息をのんだ。
 この空間の三分の二は既にアレに支配されていた。
 いつの間にこれほどまでに…。
 第一の敵、彼を見る。
 にやり、と笑った気がした。
 彼が、アレを、手引きした、のか?
 そんな考えが頭から消えない。
 理性ではアレだって彼の敵であることがわかっているのに。
 わかっているのに。


 頭がぐらぐらし始めた。
 アレだ。
 標的を僕に絞ったのか。
 負けてたまるか。
 鋭い武器を使う。
 痛みを、感じない。
 駄目だ。
 閉じようとする瞼に逆らって辺りを見る。
 四分の三は、アレに支配される世界と化していた。
 もう、おしまいだ…。
 この空間にこれ以上居て、アレに勝てるはずがない…。
 僕の意識が…沈む…。







「コラァ!お前らぁ!授業中に何寝てんだ!起きろ!!」








――――――
?補足。
というわけで
空間=午後の教室
アレ=睡魔
彼=先生
でした。高校生の時に考えた奴だった気がします。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。