月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

電王捏造文章


なんか久々な気がする。


拍手ぱちぱちありがとうございます!


この間ヒダ(友人)が家に来た際に、電キバを見せて「電王にハマれ~」と脅しをかけました(待て)。
その結果、とりあえずゼロ組を気に入ってくれたようです。…ヒダ、なんかごめん。
ヒダとは…なんだかんだで長い付き合いになってます。いろいろ迷惑かけたり我がまま聞いてもらったり…。
で、お礼とお詫びを兼ねて短編を一本プレゼントー。
リクエスト頂いた(無理やりさせたとも言う)「ゼロ組でご飯ネタ」です。
…なんだか「●☆●●●●●」(伏せすぎ?)と若干被った気もする。


いろいろ宜しい方のみどうぞです。
ちなみにヒダのみお持ち帰りは自由です。
タイトルはー…「SFO」。
最初に言っておく!ただのギャグだ!!




 ゼロライナーの一室。
 黙々と何かを造り続けるデネブを見て、侑斗は首をかしげた。


「SFO」


「デネブ…何やってるんだ?」
「ん?侑斗、知らないのか?そろそろお盆だから、ご先祖様を迎える飾りを作ってるんだ。」
「ああ…田舎に住んでた頃は毎年やってたよ。でもな?」
 侑斗の目が鋭く光る。
「な…何だ?」
「早く来れるように、キュウリで馬。」
 侑斗の指さしたものは緑色の馬型。
「ゆっくり帰るように、ナスで牛。」
 侑斗の指さしたものは紫色の牛型。
「おお~詳しいなぁ侑斗!」
「じゃあ…その大量のUFOはなんだ?」
 侑斗が指さしたものは、黒い円盤。
「…。」
「デネブ…。お前の先祖は宇宙にいるのか?…ていうかそれ…。」
「…ゆ、侑斗、ほら、かわいいぞー?」
 ひゅーん、とデネブが円盤を飛ばす仕草をする。
 しかしまだくっつけていなかったのか、UFOが真っ二つになった。
 二つの笠型の黒い野菜が、とんとんと地面を転がる。
 それは、まぎれもなく。
「…シイタケでUFO作るんじゃねえええええええ!!!」
 がしゃんと音を立てて爪楊枝やら割り箸やらが入った箱が侑斗によって蹴り倒された。
「だって侑斗が食べてくれないから…!あ、食べてくれたら作れないぞ?」
「誰が…もうシイタケ買ってくんな!!」
 侑斗はデネブに飛びかかって首を締めあげる。
「侑斗!ごめん!でもシイタケは買ったんじゃなくて栽培」
「マジで!?」
「冗談だ冗談!!侑斗ごめんー!!」
「じゃあもうシイタケ買って来ねえって誓え!」
「それはちょっと…」
 その戦いは、その後もしばらく続いたという。




――――
?あとがき!
SFOは「精霊的フライングオブジェクト」です。
…私の英語能力はこの程度だー!!
ヒダ!こんなんで良かったら持って帰ってくれ!!

スポンサーサイト


TB(0) | CO(2) *Edit

~ Comment ~

 

〇§★¥$*※ゐ≡∩(声にならない叫び)


あぁああああこんな素敵な小説を・・・っ
あ、あ、あ、ありがとうリオン!!!!
そして私に電王を見せてくれてありがとう!!!!
ゼロ組最高!

お返し頑張るね!

ヒダさんへ 

コメント&お礼をわざわざありがとう!!
タイトル観てこの間のカラオケ思い出したよ!

いやいや…駄文でごめんよ!
うん、頑張ってハマってくれ(サムズアップ)!

そしてお返しありがとうー。さっそく記事にさせてもらったよー。
あと何て言うんだっけ…デコメ?もこっそり保存させてもらったよー(笑)。
またよろしくです!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。