月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

特撮


まぶや~を観た!


言わずと知れた沖縄特撮、琉神マブヤー、一家で見ました。
一番初めのDVDだけですけど。
ざっくりあらすじを無理矢理まとめると


「陶芸家見習いの青年、叶(カナイ)はある日、ひょんなことから沖縄を護る戦士、マブヤーの魂をその身に宿してしまう。
 そしてマブヤーが蘇る直前、マブヤーの宿敵であるマジムンの首領、ハブデービルも地上に目を覚ましていた!
 沖縄の九つの大切なものを護るため、マブヤーはハブデービル、マングーチュ、オニヒトデービルと戦う!
 しかしある日、オニヒトデービルはカナイの実の兄、新雷(ニライ)である事が判明。
 ニライは言う。『人は後から来て、沢山の物を奪った。』『だから我々も、人から大切なものを奪うのだ』と。
 その言葉に愕然とするカナイ。争いをやめたいという気持ちと、沖縄を護りたい心の間に揺れる。
 そして、沖縄の九つの大切なものが奪われたその時、カナイのだした結論とは!?」


っていう感じでした。…あれ?ヒロインとか犬とか、日常が出てこなかったな、この説明。
ちなみにマブヤーは海の向こうに在るもう一つの世界、理想郷と信じられている「ニライ・カナイ」からやってきた戦士らしいです。
変身シーンはウルトラマン+仮面ライダーって感じがします。
アクションは素手対素手です。ちょっぴり新鮮に感じる。
クオリティとしては?ちょっと音が少なくて寂しい感じ。
ストーリーがなかなか凝っていておもしろいので、15分番組でやったらどうだろう。
多分DVD2巻では青い二号がやってくるっぽいし。
基本テイストはギャグ。日常ギャグ。
戦闘員がまたかわいらしい。
そして基本的に「敵が死なない」っていうのがもう新鮮です。
デジモンとかポケモンに近いのかな?その辺は。
そして時々字幕が出ます。
…つけなくて良いところについてて付けてほしい時についてなかったりもします。
だんだんエキストラさんが増えていくのが面白かったり。


まー個人的には主人公があんまり好みじゃな…なんでもないです。
でもね、戦闘でボロボロになっても生身に戻ると怪我ひとつしてないように見えるんですよ!?
ヒーローって血に染まるシャツでふらつきながら笑顔で帰ってくるのが素敵じゃないですか!?←待て
ほら!26幕の殿とかさぁ!
まーそこまでいかなくても、よたよたとしてヒロイン(じゃなくても良いけど)のところに帰るとか。
戦い終わって変身解除した瞬間ぶっ倒れるとか(解除する前でも可)。
そういう…「何したらこんなボロボロになるの?」っていう感じ(?)が。
特撮以外のドラマだとほぼ見られないので大好きです(待て)。



そしてここからはネタばれ。


最後にカナイが敵の首領に対して「感謝(という字幕が出た)」って告げるんです。
「ありがとう」って訳した方がいいような気もするんだけど…?
とにかく、「奪ってくれないと、その大切さに気付けなかったよ、ありがとう」みたいなところがあるんです。
それにはなんだかすごくびっくりすると同時に感心しましたね。
やっぱり、なんだかんだ言って一回失くさないと気付かないんですよ。
電王になっちゃって申し訳ありませんが、それこそエピソードブルーですよ。ストライクフォームですよ。
「手にしてるもの それはかけがえないもの だけど人はいつだって 振り返るまで気付かない」ですよ。
「思い伝えて 何処にある“いつか”なんて だけど人は疑いも しないから後悔する」ですよ。
今あるものに感謝して生きる。大事なことですよね。


ちなみに私はこの作品で「音響と主題歌の大切さ」に気付かされました(待て)。
作品にあった主題歌って作品を三割増しキラキラにしますね。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。