月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

電王捏造文章


『Another Trilogy』Episode Yellow


とうとう最終章!
今までのは一応話が続いてましたが。
今回は続けられませんでした(苦笑)。
なのでちょっと無理やり感がありますがまあお許しあれ。


<やあやあ皆様ご機嫌麗しう。>
<夢の案内人でございます。>
<え?何、今日が最終日じゃなかったのかって?>
<誰がそんなこと言いました?>
<確かに『Another Trilogy』は「あきなが」最終シリーズです。>
<しかし我が『ハイリンク』はもう二週間も前から始まっていますから。>
<では次作、「章の世界と情の世界」。 >
<よろしければ最後まで、お付き合いあれ。>


はい、これはイエローのネタバレありまくりです。
それでも良いという方のみどうぞ。責任は、取れません。


『Another Trilogy』Episode Yellow


 とある世界のとある部屋。
「次のお宝は…。」
 はねた髪をした青年がくるくるとディエンドライバーを回す。
「あ、大樹さん!」
 よく知る声に振り返ると、大量の紙が降ってくるところだった。
 その光景が昔見たある瞬間と重なり、大樹は動きを止めた。
 結果として夏海が見たのは、ぼんやりと紙に埋まる大樹の姿だった。
「ごめんなさい!…大樹さん?」
 ふ、と我に帰った大樹が立ち上がる。
「問題ないよ。僕はちょっと出掛けてくる。」
 そう行って部屋を出、建物を出る。
 しばらく歩いて立ち止まり、金色の銃を取り出した。
「何故かな。これを思い出すなんて久しぶりだ。」
 傷のついたその銃を眺める。そして後ろの気配にディエンドライバーを構える。
「誰だい?」
「お前の望みを言え。」
 その声に振り返る。
「イマジンか。という事はここは、電王の世界…。」
 に、と大樹が笑う。
「丁度良い。契約をしてあげるよ。」
「ん?契約?」
「ああ。それが君の望みだろう?」
 イマジンに向かって左手を差し出す。
「野上良太郎に会わせてくれ。それが僕の望みだ。」
「野上良太郎?」
「電王に変身する青年さ。」
「電王…。なんだ。それだけでいいのか?」
「ああ。そうすればきっと、過去と繋がるさ。」
 そうして大樹はイマジンと契約し。
 誰にも告げずにその場を去った。


 それから、何年も、何十年もの月日が流れ。
 一人の青年がその場所に降り立った。


 どくん、どくん。
 心臓の音が無駄に大きく聞こえる。
 足がすくむ。予想外の自分の状態に、戸惑う。
 さっきは、2010年では、あんなにあっさり会えたのに。
 どうして自分の時間では、こんなに。
 居場所は確かめた。
 顔写真は見なかった。
 でもきっと此処に居る。
 それに約束したんだ。
 だから。
 花束を握る手が震える。
「もう一度…人間を信じられるだろうか。」
 何度となく問いかけてきた疑問。自分の声。
 今までは機械音が聞こえていた。
「否。人間は愚かで間違う。人間は信じられない。」
 今日は違う声が聞こえた。
「どうかな。君が君のお宝を手に入れたときには、きっと。」
 だから大丈夫だ。
 俺は人間を信じられる。
「いらっしゃい…ませ。」
 考えてみれば花屋に花束を持って来る奴がいるか。
 勝手に笑みがこぼれる。
 人間は、愚かだ。
 俺は、愚かだ。
 そして俺は、愚かな人間だ。
 人間が人間を信じて、何が悪い。
「お母さん…。」
 俺の声に、母は固まってから、呟いた。
「レイジ…?」
 その呟きと目から零れる涙は。
 人間が愚かであって、だから信じられると思うに、充分すぎた。





おまけ
 がしゃん。
「きゃ、ごめんなさい大樹さん。」
 ばしゃ。
「うわ、ごめん!」
 ごん。
「ああ、悪い。」
 べしゃ。
「あああああ…大丈夫かい?」
「どうかした~?なんだか調子悪いみたいじゃない?」
「ああ…感心しているんだ。」
 頬にはお皿のかけらが飛んできた切り傷。
 服には珈琲の染み。
 頭には本が落ちてきたたんこぶ。
 そして手には赤いペンキというなんとも悲惨な状態の大樹が答える。
「お宝は持ち主に似るものだね。」
 その手に握られていたのは、冷めた珈琲の入ったセンスの悪いマグカップだった。




―――――
?あとがきなのかなんなのか。
ちょっと短い…ですね。
そしておまけに関しては……有り得るんじゃないかな…?と。良ちゃんは悪運が強くて運が悪いから…。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。