月草雑記帳

電王捏造文章


りあるたいむ電王


はい来ました!電王です!!
そして前後編です。
今日は前編のみ。後編の更新日は、捏造を読めばわかります。
なんといってもリアルタイム捏造ですからね~。


電王は良ちゃんの口調がだんだんわかんなくなるのが問題です。
なんかいろんな人が混じっちゃう…!!
困った困った。サトウ君が帰っ(以下自粛)


では、興味のある方のみどうぞお読みくださいませ。
タイトルは、『祝い』。






『祝い』


「良太郎。パーティーしようよ。」
 ウラタロスとリュウタロスが愛理のいない隙を見てミルクディッパーにやってきたのは、クリスマスの少し前の事だった。
「パーティー?」
「うん。だってもうすぐクリスマスでしょ?」
「ああ…。24日だったら僕、店の手伝いが」
「毎年の事だしわかってるよ。25日なら良いでしょ?」
「うん…ねえ、ところでさ。みんなはクリスマスって何の日か知ってるの?」
 良太郎の問いに自信あり気にリュウタロスが答える。
「トナカイさんの日でしょ?」
 良太郎が答えられずにいるとウラタロスが横からリュウタロスの肩を叩いた。
「違うよリュウタ。女の子達とデートする日だよ。」
「………。」
「冗談だよ。サンタクロースが来る日、だっけ。」
「…うん。まあ。そう。」
「ちゃんと欲しいもの短冊に書いたよ。」
「それもおかしいんだけど…七夕と混じってるし。」
「まあ良いじゃない。僕たちキリスト教徒じゃないし。」
「ああ、正規の意味も知ってたんだね。」
「じゃ、ま、そういうことで。ちゃんと空けといてよ?25日の夜。」
「うん。わかった。」
 約束を取り付けるとウラタロスとリュウタロスは何か急いでいるようにデンライナーへと帰って行った。


「クリスマス…かぁ…。」
 他に誰もいない店の中、良太郎はぼんやりとツリーを見ていた。
「桜井さんが一緒に準備した事も…あったっけ。」
 あの時もツリーが倒れてきたり、お皿が割れたり、いつもより悲惨な目にあった気はするけど。
「楽しかったな。」
 その後すぐに桜井さんがいなくなって、僕が戦いに巻き込まれるなんて想像もできなかったのに。
「姉さんは知ってたのかな。」
 あの時計を買おうと、自分に頼んで来たあの頃には。
 姉さんは全部知ってたんだろうか?
 桜井さんは全部知ってたんだろうか?
 僕だけが何も知らなかったんだろうか?
「…どっちでもいいや。」
 最後のクリスマスだと知っていたのかも知らない。
 誰も知らなかったのかもしれない。
 でもどちらにしても2人は僕と一緒にいてくれた。
 2人きりでも良かったはずなのに。
 此処で一緒に、いてくれた。 
 本物の家族みたいに。
 だからもう、そんなのは、いいや。
「ただいま。良ちゃん、お店番ご苦労様。」
「いや~いい買い物が出来たよ良太郎君。」
「貴様は何もしてないだろう!ね、愛理さん!」
「お帰り、姉さん。三浦さん、尾崎さん。」
「珈琲淹れますね。良ちゃん、荷物奥に運んでくれる?」
「うん。」
 良太郎は立ち上がり、三浦と尾崎から荷物を受け取った。







―――――
?というわけで。
後編は25日に更新しまーす。…多分(え)。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(2) *Edit

~ Comment ~

お久しぶりでーす。 

こんばんは!
コメントではお久しぶりです^^;

読んでいなかったお話も読ませて頂きました!
電王、新鮮だわ~。映画もやっているけれど、良太郎は出ないし(健くんの)。これ、どうなるんだろう…。
真剣の新年会もどうなるんだろう~。
姫様最高です!移動はいいじゃないですかね、折神で!
視聴者全員ロボットで移動すればいいじゃん、と思っていますからね~。

今年はどうも戦隊もライダーも乗り切れていなくて…真剣や電王ネタを読むと懐かしくなります。やっぱり面白かったよなあ、と。

ところで、うちのコメント欄に素敵なお話をありがとうございます!
めっちゃくちゃ嬉しいです~。どれだけ私のツボをつきますか!
レスでも書きましたが、コメント欄ではもったいないので、記事にしてしまってもいいですか??そこで感想も書きたいし。
毎年ありがとうございます。年末のお忙しいときなのに^^;

OKのお返事がいただけましたら、記事にしますね~。

ではでは、関係ない事を書いてすみませんでした。

けろりんさんへ 

コメントありがとうございます!
こちらこそ、お久しぶりです!

いろいろ読んでくださったようで、ありがとうございます!
電王もう好きすぎて(笑)。ネタが降ってきて止まらないんですよ…。オーズも楽しんでみてますが…「好き」のレベルが違いますね^^;ゴセイはもう脱落してますし…。
そういえば春の映画は「オーズ・電王・オールライダー」だそうですよ。…最後龍騎にすれば小林(以下略)
真剣の新年会は基本的にギャグです。
あと一話ありますので、よろしければまた年明けにでもお越しくださいませ。
姫は書きやすい事この上ないです。VSにも登場するようで、嬉しい限りです。

「ドキ☆ドキ」に関しては初めての試みで…気に入っていただけらなら嬉しいです!

日曜日にでもUPします!あげたらTB飛ばしますね!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop