月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

創作文章(その他)


あ・ら・かわ~


こんにちは。


今日は半年ぶり?に荒川捏造に挑戦です。
そしてタイトルはハートキャッチのリズムでお願いします(待て)。


捏造はリク×ニノです。このカップル大好き。
アニメの方はあと2ブリッジ×ブリッジで終わっちゃうみたいで…悲しいです。三期希望!


しかし三期になるとタイトルはどうなるんでしょうか?
一期が
「荒川アンダーザブリッジ」
二期が
「荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ」
てことは三期は
「荒川アンダーザブリッジ参上(3乗)!」
とか?


…アホなこと言ってないで捏造いきます。
興味のある方はどーぞ。





『赤い糸』


 それは、新年も見えてきたある昼間のこと。
 恋人ニノの姿を見つけた一ノ宮行ことリクルート、通称リクは滅多に近寄らないマリアの牧場の方へと歩いて行った。


「あれ、ニノさんだけじゃなくてP子やステラまで…何やってんだ?」
 何か話していたらしいニノがリクを見つける。
「おお、リク!」
「あ、ニノさん!…なに…やっ…て…」
 ニノに近寄ろうとしたリクの足が止まる。ニノの後ろでマリアが悪の微笑みを見せ、ステラが巨大化してP子がこの上なく嫌そうな顔でこちらを見ているのがわかったからだ。
「すまないな、今ちょっと忙しいんだ。」
「あ、ああ…なら、俺は帰りますよ。」
「ああ。またな。」
 くるりと向きを変え、初めは早歩きで、徐々にスピードを上げながら牧場から遠ざかる。
 教会が見えると同時に、教会の前にいた村長が顔をあげた。


「どうした~リク、そんなに急いで。」
「そ、村長!あの、今、牧場で一体何が」
「牧場?ああ~確かマリアが」
 シュ、とリクと村長の横を風が通り過ぎる。
 村長の後ろにあった教会に、クナイのような物が突き刺さった。
 しばらく、沈黙の時を守る。
「…俺、知らない方が良いみたいですね。」
「ははは、そうらしいな。ま、頑張れ。」
 牧場を決して振り返らずに、リクは自分の家まで帰って行った。




――――
!補足!
上に書き忘れましたが、続きます。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。