月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

日々のこと


困った+α


シンケンの記事もWの記事も書きかけなのに休日が終わってしまった…!


今日はカブト見てました。DVD三巻分の。


二巻分見終わって。
私「今日の分終わりー。」
母「えー、続き見ようや。一話だけ!」
私「(天道の真似をしながら)仮面ライダーで一話見るとはすなわち二話見るということ。そして二話見るとはすなわち一巻見るということ!」
父、DVDをなおそうとする。
母「見ようや~。」
私「明日の楽しみが~!」

母「さあ、妻と可愛い娘、どっちを選ぶ!?」


父、壁に向かって奇声をあげる。


私「お父様!どうぞ続きを持ってきてください!」
妹「やっぱりお母さんが最強じゃん。」



ノンフィクションでお届けいたしております。




さて、覚えてくれている人がいた雑貨屋ものがたり。一体何話なのか私にはわからない!(え)

読んでくださる方は続きへどうぞ。






雑貨屋ものがたり



小さな町外れの雑貨屋に、今日もお客様がやってきます。

今日のお客様は…あら、以前いらした女の子。変わらぬツインテールが可愛らしい。
前回とは違うキャラクターのペンケースを眺めて、何やら悲しそう。

どうかなさいましたか?
「筆箱を買わなきゃいけないの。」

高くて買えないんですか?

「欲しくないの。」

え?

「…お姉さん、誰にも言わない?」

もちろんです。

「このキャラクターね、今学校で流行ってるの。みんなこの筆箱持ってるの。持ってないと友達じゃなくなっちゃうんだぁ…。」

なるほど。

「でもね、私、これあんまり好きじゃないんだけど。」

では、どんなのがお好みですか?

「ふにゃふにゃんこ!」

ふにゃふにゃんこ?

「私が考えたの。」

なるほど。では、ふにゃふにゃんこの筆箱にしたらどうですか?

「そんなの、ないよ。」

ここはただの雑貨屋ではありません。本当に欲しい物だけが、手に入る場所なんですよ。

「え?」

これなんてどうでしょう?これは無地の筆箱ですが、専用のペンで好きな絵が描けるんです。

「でも…これじゃないと、友達がいなくなっちゃう!」

そんなことはない。私が保証します。

「どうして?」

だって、ここは不思議な雑貨屋ですから。

「…お姉さん、これ、いくらですか?」

1000ニャン、ですよ。

「…これ、ください!」

はい。かしこまりました。



何日か後で、私は女の子を店の外で見掛けました。女の子は友達と楽しそうに、ペンケースの見せ合いをしていましたよ。



ここは不思議な雑貨屋さん。

さて、次のお客様は、どんな方かな?

スポンサーサイト


TB(0) | CO(4) *Edit

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

teddyさんへ 

コメントありがとうございます。そして返信が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

良い家族でしょう?大好きなんです。

>カクテルの画像です。
>…もし、レポ興味有でしたら落とします。

大変申し訳ないのですが、「落とす」というのはどういうことですか?
何分PC初心者なもので…良ければ教えてください(m>_<m)
興味は…あります!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

teddyさんへ 

返信が遅くなってすみませんでしたっ!

全文しっかり読ませていただきました。
朝から電車の中で爆笑しました(変な奴)!
ありがとうございます!!ゆーとやっぱりかわいいっ!!

デネブに反応って(笑)大好きなんですね><
私はゆーとよりちょっと年下ですが姉のような気持で見ることが多いかもです。
「桜井侑斗」の時はお兄ちゃんって感じですが。

長いのにわざわざありがとうございましたー!
これからもよろしくお願いします!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。