月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

特撮


昔の思考回路を引っ張り出す


こんばんはー。
テストと妄想のせいで書くことがおもいつきません(苦笑)。


あ、そうそう今日のテストで問題に「講義を聞いて印象に残ったことやそれについて考えたこと」っていうのが出て。
思わず「先生が授業でコメントを書かせておいてそこにあった質問に全く答えてくれず解決策を探す方法すら教えてくれない事が印象に残りました。先生は来年の為にコメントを募集しているのかもしれませんが、教科書もしようしていない授業である以上、質問には答えるべきだと考えました」とか書きそうになりました。…書いてないけどね!!


でまあこれはこれで置いといて。
何かおもしろいものないかな~とパソコンあさってたら昔考えてたこと?がでてきたので載せてみようかと。
でもこれ捏造ですらないしあんまりおもしろくないんだけど…。
とりあえずまとめてみた!



その名も、「ディケイドの企画聞いた時、電王編はこんな話だと思ってた!」
まだオリジナルが出てこないって知らないころに妄想してたんです。
確かその時わかってたことが
「いろんなライダーの世界に行く」
「世界の破壊者」
「名前はディケイド、変身するのは門矢士。」
だったかな。
ではまあ…気になる人はどうぞ。





電王編ってこんなんだと妄想してた!


・街に妙なやつが現れた!
「どうやらこの時間に消えたようです。」
「え、これって…。」
「あ?どうした良太郎。」
 チケットに浮き出た時間に愕然とする良太郎。
「うん…この、時間。」
「この時間?えっと…1992年の9月9日がどうかしたの?」
「…僕の両親が、死んだ日なんだ。」
 全員が息をのむ。
 デンライナーは過去へと走り出した。


・過去に到着。
過去のその時間、大きな事故で辺りは火の海と化していた。
『あ、あいつだよ!変なライダー!』
「…。」
 リュウタロスの声に前方の男が目に入る。
 どくん。心臓がはねた。
 何度も何度も夢に見てきた。
『…うし、さっそく…良太郎?』
「なんで…。」
 ふら、と良太郎が前に出ようとする。
 汗が吹き出し、目には涙さえ浮かぶ。
『…ちょっと、良太郎?』
『どないしたんや?』
「あの人は…。」
 しばらく黙ったかと思うと、突然、良太郎は走り出した。
『!おい!?』
 モモタロス達が止める間もなく、良太郎がライダーの前に立つ。
 バイクに乗ったその男は、ヘルメットを外して良太郎を見た。
「…どうして。どうして、あの時、あんな…。」
 拳が震えている良太郎に向かってライダーが呟く。
「それが俺の役目だからな。」
 興味を失ったかのように、ライダーはヘルメットをかぶり直し、バイクのエンジンをかける。
「止められるもんなら、止めてみたら?」
 そしてそのまま走り去る。しばらく走るとオーロラのような揺らぎの向こうに消えていった。
『なんなんや…。』
『良太郎…大丈夫?』
「うん…。帰るよ。」
 それだけ言うと良太郎はさっさとデンライナーに戻って行った。


・inデンライナー
「良太郎、アイツ知ってんのか?」
「忘れるわけないよ…。」
「俺らは初対面やけど…。」
「あの人は…僕の両親が死んだ事故の、原因を作った人だよ。」
「え、でも、その事故って良太郎が小さい頃でしょ?今も同じ姿って事は…。」
 はっと、ハナが言葉を止める。
「…時間を、超えて?」
「なーんで時間を超えてまで事故起こさなきゃなんねえんだ?」


・VSカドヤツカサ
「お前はお前の両親を失って、初めて特異点として覚醒した。俺はお前が電王となる、そのきっかけを作った。それだけだ。」
「だからって…なんで…そんなことを…。」
「それが俺の役目だ。破壊と再生。」



・もう一回inデンライナー
「彼は破壊を宿命に持つライダーですからねえ…。しかし、破壊とは再生…始まりでも、ある。」
「それでも…。」
 良太郎がまっすぐにオーナーを見る。
「僕はあの人の顔を、忘れられない。助けてって言われて、笑ってバイクで消えていった…その姿も、消えない。」


なんだこれ。断片的すぎて訳が分からない!
でも本気で考えてたなー…。
まさかあんなに摩訶不可思議な話だとは思わなかったっけ。
うっかり読んでくださった方、本当すみませんです!
ちなみにお気づきかもしれませんが1992年9月9日はデンバードのナンバープレート(92-99)からの推測です。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。