月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

海賊戦隊ゴーカイジャー


海賊戦隊2話


こんばんはー。拍手ぱちぱちありがとうございます。
ようやく海賊戦隊二話目について書けそうです。
どうでもいいですが今日はクリスタルパズル、黄金色の宝箱に一目ぼれして買っちゃいました。
…どうにも惚れっぽくて困ります。
一回クリアしました。今はまたバラバラです。これ書き終わったらもう一回やる。


で、またもう一個どーでもいい話ですが。
海賊戦隊素敵エンディング。
タイムレンジャーまで来たので次はこんなんじゃないだろうかと予想しました。
あ、でもガオ・マジ・ボウケンは知らないので飛ばしました。

シュシュっと参上ハリケンジャー
アバアバアバアバアバレンジャー
デカデカデカデカデカレンジャー
ニキニキワキワキゲキレンジャー
ブンブンバンバンゴーオンジャー
チャンチャンバラバラシンケンジャー
…無理やりにでも考えられそうですね。
そしてまあ…冗談ですええ。
でも意味通りますよね?←通らない


ではここからはネタバレあり。
ところで宇宙海賊さんは、カレーは知らなくても写メはわかるんだなぁ。



ではまずさっくりあらすじを。
とりあえず地球のお宝を持ってさっさととんずらした海賊さん。
しかしまあお宝のありかがさっぱりわからない。
そこで登場お宝ナビゲーターのナビィ、別名「鳥」。
お宝ナビゲート、で天井に頭をぶつける。(これは必要なのかドジなのか…そもそも鳥は生きてるのか…)
結論は「黒い服の人が何かいいこと知ってるかも」。(私よりおおざっぱだぞ。いやそんなことはないか)
とりあえず探しては見るものの…多すぎる。(ここは黒子さんを出すべきだったぞスタッフ!!)
そんな中、一人の黒い学生服の男の子が「情報を知っている」とやってくる。
(この時のルカの瞳の輝きが好きだ)
で、ついて行ってみるとマーベラスの写真を撮りたいと。
なんか嬉しそうなマーベラス。
しかし少年は写真の代わりに鍵付き人形(名称忘れた)を盗ろうとします。
まあそこは海賊。
軽く阻止しますが阻止している間に盗られるという…(油断も隙もあったぞ!)
逃走した少年をマーベラスは「ギタギタにしてやる」と追いかけ、アイムはそれを止めるため(ハカセをけとばして)追いかける。


で、マーベラスはアイムに何で付いてくるのか、と聞きます。
アイムは「マーベラスがあの子をどうするのかわからないから」というような返答を(このサイトに正確さを求めてはいけない)
「勝手にしろ」と言ってもらえたアイムは「勝手にします。」
そして海賊っぽく(←!?)欄干から飛び降りて少年の前にやってくるマーベラス。
しかしまあ勿論少年は返却拒否。
「レジェンド大戦の時におじいちゃんが僕を守って殺された。だからもう目の前で誰かが殺られるのは嫌だ。」
(ここで少年が剣道のかばんを持ってたりするとそれだけで話が膨らむんですけどねえ…by母)
そんな言葉にマーベラスが思い出すのは、かつての自分とナビィ。そしてそれを守って散ったと思われるスーパー戦隊。
知識のない私は誰かわからなかったんですがアレ誰なんでしょうね?あ、答えは聞いてない!ですよ。
マーベラスはその御方にレンジャーキー(今名前思い出した)と「宇宙最大のお宝を手に入れる」という使命をもらい、現在に至るようです。(…海東、出番?)
でまあそこへ空気を読んでザンギャック登場。
マーベラスは少年になんか変身道具(オイ自分)を渡して、敵を倒せたらシンケンレッドレンジャーキーをあげると言います。
無茶だと止めるアイムですが少年は変身!「シーンケンジャー!!」
雑魚は倒せるんですが師隊長?クラスには歯がたたない。
変身も解除し、「駄目だ…」と落ち込む少年。
「無理だとわかったら他の方法で地球を守れ。」
「どうやって?」
「甘えるな。そんなことは自分で考えろ。」
「…。」
「おい。この星に護る価値はあるか。」
「あるよ。どこにでもある!」
「なんだ。」
「…海賊なら、それくらい自分で探せ!」
というようななかなかに熱くなる展開を経て、海賊たちはザンギャックの元へ!
このときジョーがぽん、と少年の頭に手を置くのはいいですね。


そしてえっと…よくある流れで変身!
やっぱり武器交換は好きだ。しかしアイムさん。お姫様(お嬢様だっけ?)なのに足で銃を拾うのはいかがなものか。
今回はまずデカレンジャーにチェンジ!武器が!武器が懐かしいっ!
それからハリケンジャー。そ、その必殺技見たことあるっ!!
(と、独りテンションが上がる私。)
で、そこから出ました赤戦隊!
シンケンレッド、ガオレッド、ゲキレッド、ゴセイレッド、マジレッド大集合!
敵「赤ばっか…。」(今気付いたけどあのレンジャーキーどっからでてくんの?)
で…えっと…敵撃破(適当すぎるわ!)
しかし今回からは巨大戦が入ります!
巨大ロボを「5501」(だよね!?)で呼び出してレッツ対戦レッツ勝利(適当すぎる)
海賊戦隊は無事自分達と星を守ることが出来たのでした。


ところで、あの黒い服って結局何だったの?
首をかしげる海賊達を見送るのは、黒いローブの男。
その胸につけているマークは(流星じゃなくて)M。
この謎の男の正体は!?ということで次回。


本家本物マジレッドさんのご登場ー!!ぱちぱちぱちー!!


…大体こんな感じです。
個人的に良いと思うのがハカセの動き。
毎回どつかれ続け、今回なんてジョー以外全員にどつかれてましたよね。アレって面白いけど場合によってはなかなか危険なシーンですよね。ヒーローが味方に暴力ふるって謝ってないんですから。
でもハカセは、敵が来たり「怖い」と思ったら迷わずマーベラスやルカの後ろに隠れるんですよ。確認したわけじゃないですが、どつかないジョーよりどつくマーベラスやルカを頼るんです。
ハカセがただの臆病者じゃないことは1話でザンギャックに立ち向かった(?)ところからもわかりますし。
お互いを信頼してるんだろうなって事がわかって好きです。
来週はそんなハカセの話。…多分。


では今週の情報整理を。
1、マーベラスの過去
とりあえず…口の動き的に…「船長」かと思われる命の恩人がいる模様。
その人に託された指名の為に、お宝探しと海賊をしているようですね。
2、レジェンド対戦
案外最近のようですね。ここ1年~15年くらいの間の事のようです。
そりゃああのお姉さん達も知ってるわなあ…いろいろ戦隊について。
そりゃあ宇宙から来たっぽい人たちにも接するわなあ…。
3、アイムは新入り?
アイムがマーベラスの事を「よくわからない」と言ったり、対してルカやジョーはよく知っているような感じをいい、アイムは新入りなのかもしれませんね。
まあ一話でもルカとアイムの育ちの差?みたいなのは見えてましたし。
さらっと「庶民」とか口にしちゃうあたり、最近までお嬢様生活だったんでしょうか。
4、ナビィ
とりあえず鳥。とりあえずナビゲーター。
…それだけわかればいいか?あれ?ていうかそれしか知らんぞ?


今回はこんな感じで。
…うん、やっぱり結構好きだな。海賊戦隊。
あ、そうだ。
ED1番はもう完璧です(キリッ)
2番は今覚えてますっ!!

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。