月草雑記帳

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TB(-) | CO(-)  *Edit

海賊戦隊ゴーカイジャー


海賊戦隊8話


こんばんは。拍手ぱちぱちありがとうございます。
やべえやべえ、また一週間が終わっちまうところだったぜ!!
というわけでゴーカイ記事です。


今回は…兄弟が主役でしたね。
でも個人的にはジョーの天然なのかわざとなのかのボケっぷりが楽しかったです。
戦隊のこういうノリ、私大好きです。ハイ。
てかさー、ライダーより戦隊のが戦闘シーンがカッコいいと思うんだよね。
シンケンと、ゴーカイが特に好き。かっこいい。
でも気合玉みたいな…かめはめはみたいなの使うのは反則だと思う。
ちゃんと肉弾戦で戦ってください。←何の話?


とりあえず兄弟最高だった8話、さくっと参りましょう!!




まずは、さくっとあらすじ!


毎回毎回ぶつかるゴーカイジャーとザンギャック。
「あいつらこんな辺境で何やってんだ?」と8話にして突っ込むべきところに突っ込んだザンギャック。
彼らの手配書を見ながら考えます。
マーベラスは「赤き海賊団」の生き残り。
ジョーは元ザンギャック特殊部隊の一員。
ルカは最高純度のエネルギークリスタル(だったかな)を盗み出した泥棒さん。
アイムはザンギャックが滅ぼしたファミーユ星の王女。
ハカセことドン・ドッコイヤーは…まあいいか。
(ちょっと待ってなにこのハカセ大物フラグ!?)
というわけで海賊船にスパイを送りこむことにしたよ!


一方の海賊側。
ルカ&マーベラスは器用に片手だけでキャッチボール。…あれって結構難しいと思うよ。
アイム&ハカセは調理、ジョーは筋トレ、いつも通り。
(なんでか忘れたけど)マーベラスがジョーにボールを投げる→ジョー避ける→ハカセに激突→ジョーがボールを投げ返す→マーベラス、ジョーにバットを投げる→ジョー避ける→ハカセに激突
というコントをくりひろげます。


で、スパイに選ばれたのは大きめの弟とボールサイズの兄貴。
海賊船を見つけ出し(いや見えるだろ!?)兄貴が侵入します。
「弟よ…何が起きるかわからん危険な任務だ…!いざとなったら俺を見捨てろ…」
「必ず戻ってくるって信じてるぜ…!」
「弟よ…」
「兄貴…しばしの別れだ!」
弟、兄貴を投げる。
兄、海に墜落、墜落、墜落。
最初感動してたゴーミンがだんだん飽きてくるところが素敵だと思いました。
で、なんとかかんとか海賊船に侵入した兄貴。
中ではハカセが説教してました。
「僕たちは何しにここに来たんだっけ!?世界最大のお宝を探す為でしょ!?それにはスーパー戦隊の力が必要なのに、まだ3つしかないんだよ!!」
なんというわかりやすさ。
それを聞いた兄貴。弟に報告しようとするとジョーが急に立ち上がる。
ばれたか!?と焦る兄貴だがジョーは腕立てを開始。
「ノルマの10回を忘れていた」
そしてそれにハカセが厭きれている隙をみてお預け食らってた昼食タイム。
さりげなくマーベラスがジョーの肉を奪ってます。…後で怒られるんじゃないかなあ?
そのあと、ナビィにお宝ナビゲートを頼もうとします…が。あれ?ナビィがいない?
「マーベラスが鳥鳥いうからじゃない?」
「アイムがお茶ぶっかけたからだろ」
「ハカセさんが枕にするから」
「それだな。」
「それね。」
「それだな。」
「ええええー僕の所為?」
ということでみんなで船中捜索。…兄貴がピンチ!!
最初はレンジャーキーが入った宝箱の中に隠れる。
赤「この中…なわけねえか。」
箱が開かずにセーフ!
ハカセがぶつかったので椅子の下に。
桃「はい、落ちてましたよ。」
アイムの足にくっついてセーフ。
それからPCを経由して原始的通信機(筒)の中に。
青「まさか…おーい、ナビィ?いるのか?」
ひとつ隣のみ開けられ、セーフ!
そのあと扉に挟まれる。
兄貴「わざと…!?」(妹は「ジョーは最初っから気付いてたんじゃない?と疑ってました。)
で、それから饅頭の箱の中に逃げ。
そしてルカにかじられる。
黄「何これ、固くてまずーい!」
それからちょこちょこ移動しながら逃げ回る…けど…情報は手に入らず。
赤「どうやら船の中にはいないらしいな。」
桃「どこかで電池が切れてしまったのでは…。」
緑「え?ナビィって電池で動いてたの!?」
桃「違うのですか?」
赤「俺は電池なんて変えた事ねえぞ。」
(…この会話しばらく続いてました。最終的には青も参加してた。そして結論は出てなかった。)
鳥「みんなどしたの?」
黄「ナビィがいなくなっちゃったのよ。」
鳥「え?本当に?」
黄「うん。ナビィ、ナビィがどこ行ったか知らない?」
鳥「知らない。」
ここでようやくルカが探していた鳥と会話していたことに気付く!!
何処に行っていたのかと問い詰める海賊にナビィの答え。
鳥「いやーちょっと日向ぼっこしてたらかわいい女子高生たちにね、『きゃーかわいいー』なんて言われちゃってもう大人気。」
そして天井からつるされる鳥。(「かわいい」に嫉妬かいマーベラス)
そのままの状態で、レッツお宝ナビゲート。
鳥「汝ら、空飛ぶ島に行くと良いぞよ…こんなん出ましたけど。」
(空島とかいろいろ浮かぶけど、勿論あの戦隊ですね!)
そこで声を出してうっかり居場所を知られる兄貴。
なんか偉そうな事を言っているとおもむろにバットを持ったジョーに場外ホームランとして海賊船の外へ。
(今回のジョーおもしろすぎるんだけど!)
で、落ちてきた兄貴を受け止められない弟。
追いかけてくるゴーカイジャー。
「秘密を知られたからには、ただで返すわけにはいかねえな。(どこの悪役だよ!)
戦闘開始!
今回はガオレンジャーとデンジマンにゴーカイチェンジ。
(さらっと書いたけどゴーカイジャーの戦闘シーン好きなんだよなぁ。個性的で。かっこいい。)
そして兄弟はゴーグルファイブの新体操の技で撃破。
で、巨大戦。(兄貴巨大戦でも大したおおきさじゃねえ)
どこからともなく取り出した巨大バットで兄貴を場外ホームラン。
そして弟はデカレンパトカーで倒します。


目的を知られたからには、と行動を急ぐゴーカイジャー。
空飛ぶ島を探して、地球を2・3周すると(いやー!行かないで!)錨を上げ、旅立つメンバー。というところで終わり。


いやー…地味に笑ったシーンはインサーンの一言です。
「結構気に入ってたのに…!」
お気に入りブラザーズだったんですね!!どこが好きだったんですか(ひどい)!
いや私も好きだけどね!部下にいたらおもしろそう。


今回のポイント!
1、それぞれの過去。
マーベラスは2話で描かれていたとおりザンギャックに対する最大の反逆者、「赤き海賊団」の生き残り。
ジョーは元ザンギャック特殊部隊の一員。
父上いわく、「元々マーベラスのライバルだったりして」。…ええー何それ超ときめくじゃん。
ルカは最高純度のエナジークリスタル(でよかったっけ!?)を盗んだ泥棒。
そしてアイムはやっぱり滅びていたファミーユの王女。星の唯一の生き残りなんでしょうか…?
そしてハカセの本名初登場。さらに大物フラグ。え?そんなこと思ったの私だけですか?
これからじわじわ明らかになると思うと楽しみすぎてどうしようもないです。
2、ナビィの謎
結局ナビィがどーして動いているのかは誰も知らないらしいです。
電池…特に単1だとしたらヤバいよ!早く買わなきゃ!!
3、目的
「宇宙最大のお宝探し」というのがばれてしまい、本格的に敵対しそうなゴーカイジャーとザンギャック。
こんな辺境の星にいつまでもかかってたら父上に怒られるもんね殿下が。


うーん…相変わらずゴーカイジャーは外れがない。大好きだ。
そして次回は4話までしか見てないガオレンジャー!!
てかもう明日だね!わくわくだねっ!!
今度こそかっこいいところをよろしく!!


スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。