月草雑記帳

創作文章(特撮系)


あれもこれもそれも…どれも?


拍手ぱちぱちありがとうございます。ああ忙しい忙しい!レポートと発表と授業と宿題に追われててんてこ舞い!


しばらく更新が難しそうなんで打開案を考えてます。実行するかどうかは不明。
ていうかむちゃくちゃカオスになった。いろいろ、どうしたものか…。


ゴーカイの感想もしばらく書けないかも…遊ばなきゃ書けるんだけどな…(待て)


ではゴーカイ「いまも交通安全」中にあったかもしれない(確実になかった)第二段!
どーんと行ってみよう!




「お昼寝日和」


 自分が歩いた道を地図で確認しながら風景を思い出す。そして、目で見た特徴を地図に書き込む。
 退屈に見えて結構楽しいし、難しい。その作業を日課のように続けているアイムは暖かい日差しについウトウトしている自分に気がついた。
 ソファーから立ち上がり、地図を持つ。視界に入ったのは、黙々と腹筋運動をしているジョーと、機械をいじっているハカセだ。マーベラスは先ほどからどこかに行ってしまっていた。
 地図を片付け、ソファーに戻る。横で雑誌を読んでいたルカがアイムを見た。
「おしまい?お疲れ様。」
 それからまた雑誌に目を戻す。アイムはそれを横から覗き込みながら、朝からの疲れやソファーの心地よさ、そしてこの場の安心感につい、瞳が閉じていく。


「あ、アイム寝ちゃった。」
 自分の肩にかかる重みでそれに気がついたルカは呟き、そっと持っていた雑誌を机に置いた。
「大丈夫?重くない?」
 小声でハカセが話しかけてくる。
「大丈夫。」
 小声で返事をして、ルカはなるべくアイムが寝やすいよう、体勢を整える。
 こんな風に人に頼られるのは、重いけど、その重みが嬉しい。
 そして自分の重さを受け止めてくれる相手がいると、嬉しさは格別だ。
「はい、毛布。」
 そっとハカセがルカに毛布を手渡す。
「ありがと。」
 なるべく動かないように、アイムと自分の膝に毛布をかけた。
「起きちゃうかな…」
 口の中だけで呟き、ルカはアイムにもたれるように目を閉じた。


「ルカまで寝るし…」
 ハカセはそう口にした後、いじっていたものを片付け始めた。真正面で二人も寝ていると、こちらだって眠くなるというものだ。
 ちゃかちゃかと片付ける。腹筋で起き上がったジョーと目があった。
「ジョー、よくそんなに続けられるね」
「慣れだ。」
 短い返事が帰ってくる。
 そうしてまた黙々と腹筋を続けるジョーを観ていると、振り子のようで本格的に眠くなった。
「僕も寝よっと。」
 そう呟いて、どこで寝ようかと考え、とりあえず空いていた椅子を抱えて丸くなった。
「…どこで寝る気だ。」
「寝れればどこでもいいよー…。」
 ジョーの突っ込みに夢うつつで返事をする。
 ありがたいことに、ジョーはそれ以上何も言わない。
 ハカセはあっという間に夢の世界に入ってしまう。


「…。」
 ジョーは黙って辺りを見回す。
 アイムもルカもハカセも寝てしまったし、自分がごそごそしていては迷惑だろう。
 ふう、と息を吐いて寝転がった。腹筋道具の上にいる為体勢はかなり妙だが、あまり気にならない。
 それからふと考えた。
 取り戻せなかった先輩。
 勿論今だって、どうにかしたい。
 でも今動きようがない。今の自分では、どうしようもできない。
 もう何度目になるだろう結論を出して、ジョーは人の気配に目を開けた。
「…なんだ、この状況。」
 入ってきたマーベラスが驚いている。それもそうだ。ついさっきまで遊んでいた全員がぐっすり眠っているのだから。
「アイムの眠気が移ったらしい。」
「まあいいか。俺も寝る。」
 どさ、と彼お気に入りの椅子にすわり、足を行儀悪く他の椅子の上に投げ出した。
「行儀が悪いぞ。」
「人の事が言えるか。そのまま寝るんだろ。」
 別に寝るつもりはなかったが。そう反論するのも面倒だ。
「そうするか。」
 そして本気で目を閉じる。自分でも気がつかないうちに、眠りがすぐそこまでやってきていた。


「…器用なやつだな…。」
 そのまま寝てしまったらしいジョーを観てマーベラスが呟く。
 そして辺りを見回し、仲間達の寝顔になんとなく頬を緩ませた。
「…寝るか。」
 そして彼も目を閉じた。
 海賊たちの束の間の休息は、穏やかで、温かくて、優しい。








ーーーーーー
?とりあえず
ジョーの寝方を追求したかっただけです(笑)。
次々と視点が変わっていくって言う形はすごく久しぶりに書いた気がするので楽しかったです。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(2) *Edit

~ Comment ~

確かにね・・・・・・。 

「各、部屋無いの?」と思っちゃった。
リオンちゃんの話も有♪
眠気って移るんです。Zzz

原作、アレコレ。・・・・・・難しい問題!
観るかは分かりませんが。

色々と現実で『手一杯』 そんな状態。
上様も侍とだと殿&姫って??? で、でしょうか。
いや、この際!! 下克上??

teddyさんへ 

コメントありがとうございます!

部屋は…あると思うんですけどね(苦笑)。ベッドよりハンモックなイメージではあります!
眠気は移りますね。確実に。

原作あれこれ…さんざん文句書いたんで一話はみようかな?と思ったり思わなかったり。。。悩むところです。
とりあえず今度はイケパラ2のキャストが気になる(苦笑)。

いやもういっそ「未来という国から来ました」みたいなんでどうで…あ、鎖国中ですね。
また侍戦隊やりますので、どうぞよろしくお願いします!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop