月草雑記帳

特撮


仮面ライダークウガ第一巻


こんにちは。今日は録画してあった000を観ました。これでやっと世間に追いついた!
リアルタイムはバイト中だったからな…おのれてれあさ!


で。
オーズの感想書こうかとも思ったんですが、なんかあんまりにもクウガを思い出してみたくなったので、クウガ一貫を引っ張り出してみました。誰もいなかったし。ちなみに二回目。
一回目はもう2,5年くらい前に見たっきりなんですが…あいかわらずむちゃくちゃかっこよかったです。
これは完全に私の意見なので意見が合わなかった人はごめんなさいなんですが、クウガは他の平成ライダーと…なんていうか…次元?ベクトル?が違う気がします。他の追随を許さぬかっこよさというか。
「かっこいい大人のドラマ」って感じします。クウガ教と呼ばれようがクウガ狂と呼ばれようが構わないぜ!!ってくらいかっこよいです。大好きです。あ、電王とかも好きですよ。電王は電王でベクトルや次元が違う気はするけど。未見の平成ライダーもあるのですが、今のところそんな感想を抱いております。


せっかく見たのでクウガの感想でも書いてみようかと思い立ちました。
正直、ほめたたえまくってます(笑)。
クウガが苦手ーとかいう方は…多分引き返した方が良いと思います!
あ、あと「復活」「変身」「東京」「疾走」のネタばれ含みまくりです。ご了承くださいませ。






とりあえず…時系列無視して叫んでいいですか。
一巻のラストシーン…つまり4話「疾走」の最後の場面…


かっこいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!


わざわざ大文字で叫んでしまうくらい大好きです。リアルに床をローリングしました。
どのシーンかというと、未確認5号を倒し終わったクウガ(赤)がアップで一条さんにサムズアップを決めて、そこからアングルが変わってトライチェイサー2000と一条さんの乗ってきた車がセンターに来て、右端にクウガ、左端に一条さんがいるわけです。
で、そこからアングルが一条さんにいって、一条さんが「やれやれ」みたいな顔でクウガに背を向けてから、背中越しにサムズアップを投げると言う…
やべえ書いてるだけで顔ニヤニヤしてきたっ!!カメラワーク最高!超かっこいい!!
元々「五代雄介&一条刑事」のペアが大好きな身としてはもうこれだけで!!これだけで!!DVD買う価値あるんじゃないかと(注:買ったのは父)!


では、大人しく感想を。
しかし一気にみたからどれが何話だかあやふやだわ…。
箇条書きで行きます!



・五代雄介!
五代君が最初から最後まで素敵でした。
戦うのが嫌だ、と拳を握ったり、その拳を反対の手で包んだり、戦いを拒否しているのに周りの人には弱音も吐かずに頑張ってる姿が…かっこいいとしか言葉がでてきません。
あのへにょんとした笑顔を観てると何て言うか、怒る気無くしますよね。
冒頭の言葉にも胸をうたれました。「辛い時に笑顔で入れる男ってカッコいいと思うんだよね」。ああ、彼は自分がかっこいいと思う男になろうとしてるんだな…と…。爪の垢ください。煎じて飲みます。
あと、個人的に一番の名セリフ。
「自分のことを大切にしろ」
「してますよ。だからこそ、自分が大切にしているものや人を守りたいんです。」
クウガの人々の行動理論はこれだけで充分です。
しかし五代の行動は、相手が一条さんじゃなかったら一巻で三回くらいは逮捕されてると思います。


・一条刑事!
この方もかっこいいんだよなあ…あ、いや顔の話でなく!!顔も好きだが(笑)。
以前は警視庁勤務だったんですね。そんな設定忘れてました。どおりで東京に知り合いがいるわけだ。
長野県警としても、東京の地理をよく知ってる一条さんを派遣したんですねわかります。あとは…若さかな…。
しかし一条さん、3話にして既に薔薇のタトゥーの女に出会ってたんだ。まさに因縁の相手。
そして肋骨3本にヒビが入っても止まらない一条さん…嗚呼…この後あるはずの五代のシーンとダブって見えたよ。五代に肩借りて「一生の不覚だ」とか言ってんのはかわいらしかった。
しかし1巻で2回も病院に搬送された人間は貴方くらいしかいないと思いますよ一条さん。


・桜子さん!
働く女性もかっこいいです。
五代君の「頭脳」的な存在なわけですが、五代君とのあの空気がいいですよねー。そしてこの時点からずーっと、窓のカギは開いていたんですね。これが最終回あたりに繋がるわけですね!!
桜子さんの研究がこれからどんどん力をもっていくわけです!楽しみです!!
化け物になるかもしれない五代から離れずに、「日常」に繋ぎとめる大事な仲間の一人なんですよね!


・芸がこまけえ!!
なんか、グロンギが東京進出!みたいなシーンで、車をみて唸ってるグロンギいたんですよ!多分3話で。
タトゥー的に、あいつ後でクウガとバイク勝負するあのグロンギです。この瞬間で既にそれを暗示させているなんて…恐ろしい子!
それとか、杉田さんとか桜井さんとかも出てきましたね!みのりちゃんも。椿先生も名前だけは出てるし、1巻の時点で主要人物はほとんど登場してますよ!すげえ!!あとは…榎田さんくらい?ジャンとか。あ!ポレポレのマスターも声だけ出たよ(笑)。


・窓
ふと思ったんですが、五代の周りの人って、窓を結構開けてるじゃないですか。
あれは勿論五代が窓から入ってくることを見越してなんでしょうけど、なんていうか…窓の外にはすぐ空が見えるから、ドアを閉めて閉じこもっている時にも青空に近づけるように…とか…えっと…なんか、クサイことを考えてしまいました。


・グロンギ語
わかってたけど…何言ってるのかさっぱりだ。
時々「絶対こう言っただろ!」みたいなシーンはあるんだけど、確認しようがないし、なんかこう…「近いけど違う」って怖いな…と思います。これが狙いでしょうか。
人間とグロンギの違いと似てる気がする。近いけど、何か、違う。似てるけど、わかりあえない。そんな感じ。
解読したくなるわ(笑)。


・バイクアクション!とCG!
CG技術は10年以上前ってこともあって微妙なんだけど、それを補ってあまりある肉弾戦&バイクアクション!
バイクであそこまでできつのか…と鳥肌立ちました。自転車で真似してる子供の気持ちがわかった。
CGの代わりになんだかすごい…泥臭いって言うか、これはこれでいい感じです。
まああからさまにCG!ってシーンも多くて、そこは笑えますけど。ヘリコプターとか。だれかCGだけリメイクしてくれないかな。


・0318!
これはトライチェイサー2000の暗証番号(?)ですが、後述されるように五代の誕生日です。
なんでこれなんだろう…とふと思いました。
あれ、五代に渡す時に一条さんがチキチキしたのが登録だったのか、もっとそれ以前だったのか…。
どっちにしろ、いずれこのプロトタイプを未確認4号に渡すかもしれないって思った時に、一条さんが入れたのかと思うと…ニヤニヤニヤっ!
誕生日は多分
「誰なんだお前は。」
「名刺渡したじゃないですか。」
「『1999の技を持つ男』だけでわかるか。」
「プロフィールですか?名前は五代雄介。誕生日は三月十八日で…。」
「そういうことじゃない。」
みたいな会話があったのではないかと。


・次回予告!
「距離」の予告にもときめきました。
「いざとなったら、私が射殺します」の一条さんとか椿先生とか…うわーん楽しみー!
今日はさすがにもう見ないけど、隙を見てまた続き見ようっと!


だいたいこんな感じで。ときめきまくりでした。
タイトルもいいですよねー。統一感あって…って私本当にベタ褒めだな(笑)。
まだ褒め足りませんけど、これにて失礼します。

スポンサーサイト


TB(0) | CO(0) *Edit

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆作品*  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop